2018.07.13(金)—09.02(日)
エドワード・ゴーリーの優雅な秘密
八王子市夢美術館/八王子市

エドワード・ゴーリー「輝ける鼻のどんぐ」1969年 挿絵・原画 ©2010 The Edward Gorey Charitable Trust

絵本作家エドワード・ゴーリーの優雅な秘密に、原画・書籍・資料など約350点で迫る

 アメリカの絵本作家エドワード・ゴーリー(1925〜2000年)は、その不思議な世界観とモノクロームの緻密な線描によるイラストで、世界中に熱狂的なファンをもつアーティストです。ときに人を不安な気持ちにさせる不気味さとナンセンス、そしてシュールでありながらも優雅なユーモアの漂うゴーリーの作品は、ミステリー小説のような物語と、押韻・造語・古語などを駆使した文章、そして細かく描かれた魅惑的なペン画によって多くの人々に愛され、日本でも『ギャシュリークラムのちびっ子たち』や『うろんな客』、『不幸な子供』などの絵本で高い人気を得ています。

 さらに、ゴーリーの才能は絵本の世界にとどまらず、彼自身が文章とイラストの両方を手がけた主著(Primary Book)だけでも100冊を超え、さらに挿絵を担当した本、舞台のセットや衣装のデザイン、演劇やバレエのポスターなど、その制作活動は多岐にわたります。

エドワード・ゴーリー「荒れ狂う潮:あるいは 黒い人形のごたごた」1987年 挿絵・原画 ©2010 The Edward Gorey Charitable Trust

 ゴーリーの没後、アメリカ・ペンシルバニア州のブランディーワイン・リバー美術館で2009年に行われた回顧展 ‘Elegant Enigmas: The Art of Edward Gorey’ は大きな話題となり、その後世界各地を巡回しました。そしてこの『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展』が、ついに日本初上陸し、約2年間の予定で全国の美術館を巡回します。

 本展では、各国で開催された原画展をもとに、ゴーリーの愛好家として数々の作品を収集されている濱中利信氏のコレクションを特別に加え、貴重な原画・草稿・書籍など約350点を一挙展示。アメリカ本国だけでなく、日本にあるゴーリーの貴重な資料までもが一堂に会し、それら多彩な制作活動をたどることで彼の謎に満ちた優雅な秘密に迫ります。

 

スポンサーリンク

 

エドワード・ゴーリー Edward Gorey

 1925年、シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章と、独自のモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表。またエドワード・リアやサミュエル・ベケットらの作品の挿画、劇場の舞台美術なども手がけた。幻想的な作風と、多くのペン・ネームを使い分けた私家版を出版したことから、世界的に熱狂的なコレクターが存在する。2000年4月15日、75歳で死去。

エドワード・ゴーリー「うろんな客」1957年 挿絵・原画 ©2010 The Edward Gorey Charitable Trust

 

エドワード・ゴーリー「不幸な子供」1961年 挿絵・原画 ©2010 The Edward Gorey Charitable Trust
エドワード・ゴーリー「中国風のオベリスク:四つ目のアルファベット」1970年 挿絵・原画 ©2010 The Edward Gorey Charitable Trust
エドワード・ゴーリー「ギャシュリークラムのちびっ子たち または 遠出のあとで」1963年 挿絵・原画 ©2010 The Edward Gorey Charitable Trust
エドワード・ゴーリー「ギャシュリークラムのちびっ子たち または 遠出のあとで」1963年 挿絵・原画 ©2010 The Edward Gorey Charitable Trust

エドワード・ゴーリー「キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科」1982年 表紙・原画 ©2010 The Edward Gorey Charitable Trust

 

スポンサーリンク

 

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密
会期 2018年7月13日(金)~9月2日(日) 
休館日 月曜日 ※ただし、祝日の場合は開館し、翌火曜日が休館
開館時間 10:00~19:00 ※入館は閉館の30分前まで
※ただし、8/3(金)、8/4(土)は20:00まで開館 
会場 八王子市夢美術館
〒192-0071東京都八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
観覧料 一般:700円 学生(高校生以上)・65歳以上:350円 中学生以下無料

※15名以上は団体割引料金(2割引)
東京・ミュージアム ぐるっとパス2018のご利用で入場無料

イベント情報

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」ギャラリートーク

 白泉社 MOE編集部 副編集長の石川真紀子氏とライターの内山さつき氏を迎え、会場内を巡りながら展示作品についてお話しいただきます。

講師 石川真紀子(白泉社 MOE編集部 副編集長) 内山さつき(ライター)
日時:8月11日(土・祝) 午後1時30分〜午後2時30分
会場:八王子市夢美術館展示室
費用:無料(ただし観覧料が必要)
定員:なし
申込:不要

[巡回予定]

2019年1月19日(土)~3月10日(日)
新潟市新津美術館