2018.06.19(火)—09.24(月・休)
ミケランジェロと理想の身体
国立西洋美術館/上野

古代ギリシャ・ローマとルネサンスの芸術家たちが追及した身体美

 彫刻、絵画、建築といったあらゆる分野で名をなし「神のごとき」と称されたミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)。システィーナ礼拝堂に描かれた《アダムの創造》と《最後の審判》はあまりにも有名ですが、彼は自らを語るとき、あくまで「彫刻家」という肩書にこだわりました。

 二十代前半に完成させたサン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、フィレンツェ共和国の象徴とされる巨大な《ダヴィデ》など、その卓越した技と美意識が表現された大型彫刻作品は、各地で至宝とされています。

 本展では、ミケランジェロによる《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》という彫刻の傑作を中心に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約70点を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫ります。

世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻から傑作2点が初来日

 ミケランジェロによる大理石彫刻の名作は、所蔵する各地で至宝とみなされているため、これらの作品を中心に据えたミケランジェロの展覧会はこれまで日本での実現がきわめて困難でした。 本展では、ミケランジェロの早熟な天才ぶりを示す初期の傑作《若き洗礼者ヨハネ》と円熟した美を堪能できる壮年期の傑作《ダヴィデ=アポロ》が奇跡的に日本で初めて公開されます。


ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ=アポロ》1530年頃 フィレンツェ、バルジェッロ国立美術館蔵 高さ147cm 大理石 Firenze, Museo Nazionale del Bargello / On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities
ミケランジェロ・ブオナローティ《若き洗礼者ヨハネ》1495-96年 ウベダ、エル・サルバドル聖堂、ハエン(スペイン)、メディナセリ公爵家財団法人蔵 高さ130cm 大理石 Úbeda, Capilla del Salvador; Jaén (Spain), Fundacion Sacra Capilla del Salvador © Ministero per I Beni e Le Attività Culturali e del Turismo, Opificio Delle Pietre Dure

ミケランジェロ・ブオナローティ(1475~1564)


パッシニャーノ《ミケランジェロの肖像》17世紀初頭 個人蔵 120.5×95.5cm 油絵/カンヴァス

 彫刻、絵画、建築の各分野で傑出した作品を残したが、ミケランジェロ自身は自らを「彫刻家」と呼びました。システィーナ礼拝堂の天井画について、「天井画は私の本業ではないので、時間の浪費です」と父親への手紙に記し、「我は画家にあらず」という心の深い悲しみをうたった詩を友人に書き送っていることからもわかるとおり、ミケランジェロ芸術の神髄は彫刻にあるのです。


スポンサーリンク


古代ギリシャ・ローマ時代とルネサンスの作品約70点を通じて究極の”理想の身体”を堪能できる

 本展ではミケランジェロ作品のほか、古代ギリシャの彫刻や壺絵、古代ローマ時代のポンペイの壁画、15世紀と16世紀のさまざまな作家による彫刻、油彩、素描、版画、工芸など、身体を題材とする多種多様な作品約70点が展示されます。


マリオット・アルベルティネッリ《聖セバスティアヌス》1509-10年 個人蔵 130.5×45.6cm 油彩/板

《プットーとガチョウ》 1世紀半ば ヴァチカン美術館蔵 61×63×44cm 大理石 Città del Vaticano, Musei Vaticani

スポンサーリンク


ミケランジェロと理想の身体

会期 2018年6月19日(火)~9月24日(月・休) 
休館日 月曜日、7月17日(火)
開館時間 09:30~17:30、金・土曜日のみ~21時 ※入館は閉館の30分前まで
会場 国立西洋美術館
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
観覧料 一般:1,600円(1,400円) 大学生:1,200円(1,000円) 高校生:800円(600円) ※中学生以下は無料

※7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・休)は開館
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※学生券をお求めの場合は、学生証の提示が必要
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料(要証明)