2018.07.07(土)—09.02(日)
浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる! -埼玉の巻-
埼玉県立近代美術館/さいたま市浦和区

『YAWARA!』 ©浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館

 『YAWARA!』、『パイナップルARMY』(原作:工藤かずや)、『MASTER キートン』(脚本:勝鹿北星/長崎尚志)、『Happy!』、『MONSTER』、『20 世紀少年』、『PLUTO』(浦沢直樹×手塚治虫・長崎尚志プロデュース・監修/手塚眞・協力/手塚プロダクション)、『BILLY BAT』(ストーリー共同制作:長崎尚志)
—これまでに発表された作品のすべてが代表作と言っても過言ではない、漫画界の鬼才、浦沢直樹。1983年のデビュー以来35年にわたり、スポーツ、ミステリー、歴史、SFなどさまざまなジャンルの傑作を次々と誕生させ、卓越した画力と巧みなストーリー展開で多くの読者を魅了してきました。

 本展覧会は、そんな浦沢直樹の創作活動の全貌を紹介するものです。『MONSTER』第18巻(最終巻)一巻丸ごとをはじめとする直筆原稿のほか、ストーリーの構想メモ、秘蔵のイラストやスケッチ、そして少年時代の漫画ノートまで、彼の世界をひもとく貴重なアイテムが数多く展示されます。

 浦沢作品は、多くのアニメ化や『20世紀少年』の映画化大ヒットなど形を変えて多くのファンを獲得してきました。一方で、2018年にはルーヴル美術館をテーマに各国のクリエイターたちが漫画を描く、同美術館のプロジェクトにより実現した新作『夢印』を発表するなど、国際的にも高い評価を受けています。今年1月には世界最大のフランスの漫画祭 「第45回アングレーム国際漫画フェスティバル」で、また2月から3月にかけてはパリ市役所で個展「L’Art de NAOKI URASAWA」が開催され、両会場合わせて5万人以上を動員しました。本展はその凱旋展でもあります。 常に新境地を切り開き、進化し続ける漫画家浦沢直樹の世界を存分に堪能することができます。


スポンサーリンク


『20 世紀少年』 ©浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館

『Happy!』 ©浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館

『MONSTER』 ©浦沢直樹・スタジオナッツ 小学館

浦沢直樹(うらさわなおき)

 1960年、東京生まれ。漫画家。1983年『BETA!!』でデビュー。代表作に『YAWARA!』『MONSTER』 『Happy!』『20世紀少年』(すべて小学館刊)など。最新長編『BILLY BAT』(ストーリー共同制作/長崎尚志、講談社刊)完結後、2017年11月~2018年3月まで「ビッグコミックオリジナル」(小学館)にてルーブル美術館との共同制作作品『夢印』 を連載し、現在は新作の準備中。音楽活動も、自身のバンドのライブや映画音楽、番組主題歌の制作など活発で、これまでに2枚のアルバムを発表している。


スポンサーリンク


開催概要

浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる! -埼玉の巻-
会期 2018年7月7日(土)~9月2日(日)
休館日 月曜日(7月16日、8月13日は開館)
開館時間 10:00~17:30 ※入館は閉館の30分前まで
会場 埼玉県立近代美術館
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1

観覧料

  当日券 団体
一般 1,100円 880円
大・高生 880円 710円
中学生以下 無料

※団体は20名以上
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料(要証明)
※併せてMOMASコレクション (1階展示室) も観覧可能

東京・ミュージアム ぐるっとパス2018の利用で無料で観覧できます。