2018.07.03(火)—09.02(日)
縄文―1万年の美の鼓動
東京国立博物館/上野

重要文化財 猪形土製品 青森県弘前市 十腰内2遺跡出土 青森・弘前市立博物館蔵

日本美術史の原点
時代・地域を超えて『縄文の美』が集結

 今から約1万3000年前、氷期が終わり温暖化によって入り江や干潟が生まれたことで現在の日本列島の景観が整いました。この頃に日本では土器作りが始まります。これがその後約1万年ものあいだ続いた縄文時代の幕開けです。

 当時の人々は、自然環境を生かして狩猟や漁撈、採集による生活を営んでいました。彼らが日々の暮らしのなかで工夫を重ねて作り出した、土器や石器、土偶や装身具などのさまざまな道具は、力強さと神秘的な魅力を放っています。躍動感あふれる《火焰型土器》やユニークな姿形をした《遮光器土偶》は広く知られていますが、1万年続いた縄文時代には、まだまだ知られていない多彩な造形が数多く存在します。

 本展では『縄文の美』をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、北は北海道から南は沖縄まで日本列島各地で育まれた優品が一堂に会し、その形に込められた1万年前の人々の技や思いに迫ります。


深鉢形土器 長野県伊那市宮ノ前出土 東京国立博物館蔵
重要文化財 壺形土器 青森県十和田市滝沢川原出土 文化庁蔵
重要文化材 遮光器土偶 青森県つがる市木造亀ヶ岡出土 東京国立博物館蔵
重要文化財 木製編籠 縄文ポシェット 青森県青森市 三内丸山遺跡出土 青森県教育委員会蔵(縄文時遊館保管) 写真:小川忠博

スポンサーリンク


縄文の国宝全6件が史上初の大集結

 縄文時代の遺跡はこれまでに9万件を超える数が確認されていますが、そこで発見された数多くの縄文時代の出土品のなかでも国宝はたったの6件しかありません。本展では造形の極みともいえるその6件すべてが、初めて勢ぞろいします。
※「土偶 仮面の女神」、「土偶 縄文のビーナス」の2点は7月31日(火)~9月2日(日)展示


国宝 火焔型土器 新潟県十日町市 笹山遺跡出土 新潟・十日町市蔵(十日町市博物館保管) 写真:小川忠博
国宝土偶 中空土偶 北海道函館市 著保内野遺跡出土 北海道・函館市蔵 (函館市縄文文化交流センター保管) 写真:小川忠博

スポンサーリンク


特別展 縄文―1万年の美の鼓動
会期 2018年7月3日(火)~9月2日(日) 
休館日 月曜日(ただし7月16日(月・祝)、8月13日(月)は開館)、7月17日(火)
開館時間 9:30~17:00、金・土曜日のみ~21時、日曜および7月16日(月・祝)は18:00まで
※入館は閉館の30分前まで
会場 東京国立博物館 平成館
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
観覧料 一般:1,600円(1,300円) 大学生:1,200円(900円) 高校生:900円(600円) 中学生以下無料

※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)
※東京・ミュージアム ぐるっとパス2018のご利用で、一般料金から100円引